読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちプログラマのメモ

UE4とかVRとかについて書いたり書かなかったり。

UE4でGear VR開発してみる ビルド(デバイス起動)編

Gear VR UE4

Gear VR開発中に「デバイス起動」周りで詰まった部分を
自分用メモを兼ねて書いていきます。バッドノウハウ多めです。
ビルド時に新しい問題と遭遇したら、その都度追加していきます。

準備編:
UE4でGear VR開発してみる 準備編 - ぼっちプログラマのメモ



デバイス起動を使った開発

準備編でパッケージング後に端末に送る方法を紹介しましたが、
実際に開発する際は、この方法は面倒だと思います。僕は嫌です。

そこで、エディタ右上にある「デバイス起動」を使って
端末にデータを送る方法を紹介します。
f:id:pafuhana1213:20150502020246j:plain

と言っても、やり方は簡単です。

  1. PCとスマホを接続します (PCとGear VRではありません!)
  2. 起動アイコン右横の三角をクリックします
  3. デバイス一覧にあるスマホをクリックします
  4. 以上。あとは処理が終わるのを待つだけです!


また、「プロジェクトランチャー」から実行する方法もあります。
起動アイコン右横の三角からプロジェクトランチャーを使用できます。
f:id:pafuhana1213:20150502021818j:plain

こちらもやり方は簡単で、起動させたいデバイスの右にある
「起動する」アイコンをクリックするだけです。

プロジェクトランチャーを使う利点は、各処理のプロセスが見易いことです!
また、ログが確認しやすいので、エラーが起きた際に原因が追いやすいです!
f:id:pafuhana1213:20150502022258j:plain


デバイス起動が上手くいかない時は

まずは、ログを見ましょう。赤い文字で書かれた部分が
高い確率でエラーの原因です。あとは、その辺りの文字列でググるか、
UE4のフォーラム内を検索してみましょう…

以下は、遭遇したエラーとバッドノウハウの紹介

Automation Tool周りでのエラー

ログ内で、AutomationTool周りでエラーが発生した時の話

C:\Users\ひみつ\AppData\Local\Temp\C+Program+Files+Unreal+Engine+4.7"を
delete出来ませんでした、とログに表示されていたので、
UE4エディタを閉じた後に、該当のフォルダを手動で削除しました。
AppDataは隠しフォルダなので、少し注意が必要です。

バッドノウハウ

エラーが起きた時に試すこと

  1. UE4エディタの「ビルド」を押す
  2. UE4エディタの「コンパイル」を押す
  3. プロジェクトランチャーの設定(後述)を色々変えてみる
  4. C++プロジェクトをリビルドしてみる
  5. スマホを再起動してみる
  6. PCを再起動してみる
  7. 神に祈る
  8. ふて寝する

今の所、これで何とかなってます

デバイス起動は成功したが、変更が反映されていない時は

時々あります、原因はよく分かっていません

そんな時は、プロジェクトランチャーの起動設定における
データビルドを「バイザブック」に変更した状態でデバイス起動してみましょう
私の環境では、かなりの確率で変更が反映されるようになります
f:id:pafuhana1213:20150502024042j:plain

Wifiデバッグについて

Gear VRにはminiUSBポートがありますが、残念ながらこのポート経由で
PCからスマホにアプリをインストールすることは無理そうです

ということで、Gear VRで動作チェックする際は以下の手順を踏む必要があります

  1. Gear VRからスマホを外す
  2. PCとスマホを接続して、アプリをインストール
  3. インストール完了後、アプリを起動した状態でGear VRにスマホを差し込む
  4. 確認

面倒です。ので、
Wifi経由でスマホにアプリをインストールする方法を紹介します
と言っても、公式ドキュメントに既にあったりします。ありがたやー
Unreal Engine | Samsung Gear VR Debugging

簡易手順紹介
  1. PCとスマホを接続します
  2. コマンドプロンプトを開きます
  3. "adb shell ip -f inet addr show wlan0" を実行("は不要)
  4. IPアドレスをメモ
  5. "adb tcpip 5555" を実行
  6. "adb connect ◯◯◯" を実行(◯の部分には、メモったIPアドレスを入れて下さい)
  7. "adb devices"を実行し、IPアドレス経由で認識されていることを確認

Wifi接続が有効になれば、デバイス起動候補に
IPアドレス経由で認識されたデバイスが追加されます。

そのデバイスに対して起動を行うと、Wifi経由でアプリがインストールされます。
つまり、Gear VRにスマホを装着したままアプリを送ることができます。

ただし、PCに直繋ぎした状態と比べて、インストール速度がかなり遅くなります。
…僕の環境が糞すぎるせいかもしれませんが

今の所はここまで!


次は、Unreal Engine | Samsung Gear VR Best Practices
を雑翻訳しつつ、開発時の注意事項でも書こうかしら