読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちプログラマのメモ

UE4とかVRとかについて書いたり書かなかったり。

C88 3日目(2015/8/16)に箱庭系VRアクションゲーム「箱庭の彼女」体験版を頒布します!

UE4 箱庭の彼女 C88

告知

色々あって、おまけ要素などを入れる余裕がありませんでした…
お詫びにと言ってはなんですが、C88で購入して頂いた方には
後日に以下の特典・サポートを用意しようと思います。

  • 修正・要素追加版の無料ダウンロード
    • 追加に関しては、やりたかった小ネタと、ステージ1つ分を考えてます
    • Readmeに書かれたパスワードを利用して頂く形になります
  • デジゲー博での割引サービス
    • デジゲー博にパッケージを持って頂けると、

 少しにはなると思いますが、
 感謝の意を込めて、割引させて頂きます


修正・要素追加版の配信に関しては、
Twitter、または、以下の記事で告知しようと思います。
http://pafuhana1213.hatenablog.com/entry/2015/08/15/035051

では、c88でお会いしましょう!


告知

2015/8/14-16に開かれる、コミックマーケット88に当選したので、
ぼっちサークル「ふりかけ屋」を設立 + 新作のVRゲームの体験版を作成しています。

www.nicovideo.jp

2015/08/16(日) C88夏コミ3日目に
東R39b「ふりかけ屋」
にて体験版を頒布予定です。(たぶん100円です)
https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/11914312


制作は、今話題のUnreal Engine 4(以下、UE4)を使っています。
リソースはUE4のマーケットプレイスで購入した物が多めです。
(総額?知らない子ですね)

ゲーム内容については、↑のPVを見て下さい。
初参加で慣れない点あるかと思いますが、よろしくお願いします!
東R39bでお会いしましょう!


以下はPVで説明しきれなかった部分の説明

補足1

このゲームは、3人称視点VRアクションゲームです。
「VRなのに何故3人称視点?」と思われる方がいるかと思いますが、
実は、VRと3人称視点はとても相性がいいのです。

「ジオラマを斜め上から見ている状態で中にいるフィギュアを操作している」
というイメージが実際の見え方に近いです。

1人称視点VRに比べると迫力が劣ることは確かですが、
目の前に実在しているように見えるキャラクタを操作する感覚
VRブーム以前のゲームでは得ることができなかった感覚です。

是非、体験して見て下さい。


また、VRコンテンツで問題となる「VR酔い」が起こりにくい仕組みにしやすい事も、
3人称視点VRの利点の1つです。今回のゲームでは、酔いの原因となり得る要素を
可能な限り排除しています。
なので「酔った経験があるからVRは体験したくない!」という方にもオススメです。

※ 動画にもありますが、VRHMDなしでも遊べる作りになっています

補足2

現時点で扱えるアクションは以下のとおりです。

  1. 歩く・走る
  2. 銃を構える・構え解除
  3. ローリング(銃構え時のみ)
  4. 照準を合わせる(右スティック or HMD
  5. 相方へのスロー空間の作成命令
  6. 相方への移動命令

補足3

照準は、HMD装着時は頭の向きで調整します。
つまり、見ている方向に照準が合う仕組みになっています
右スティックでは困難だった直感的な狙いができる上に、
頭で狙いをつけるというなかなか面白い感覚を得ることができます。
(VRコンテンツでは一般的な照準移動操作になりつつあります)

補足4

PVで気づいた方がいるかもしれませんが、主人公キャラクタに付いて行っている
謎の球体が存在します。これが、今回の主人公の相方です(名前はまだない)。

この子が出来るアクションは以下の通りです。

  • 銃弾補充
  • スロー空間の作成

スロー空間に触れた敵・敵弾は、文字通りスローになります。
自分の弾もスローになるので、某スタンド漫画の時止めナイフ的な遊びも
出来たりします。
(PVでその様子が見れます)

補足5

主人公キャラのモデルは、中野区のマスコットキャラクター
中野シスターズの鷺宮カノちゃんです!

中野シスターズ(ナカシス) 公式サイト

商用利用フリーということで、今回使わせて頂きました!
ありがとうございます!

…お姉ちゃん?…出てくる…かもね…?

補足6

現段階では、おまけ内容は…決まってません!こうご期待!

補足7

スケジュールに余裕が出来たら、体験版の体験版的なものを
Gear VR(携帯版VRHMD)に入れて持って行こうと思います。
こちらは期待せずにお待ちください!

補足8

鋭意製作中ということで、ここからさらに要素追加・クオリティUPしていく予定です。
進捗については、twitter(@pafuhana1213)でのツイートで確認できます。