ぼっちプログラマのメモ

UE4とかVRとかについて書いたり書かなかったり。

2017年におけるUE4に関する講演スライドをまとめながら、少し補足なり振り返りをしたりしなかったり

本記事はUnreal Engine 4 (UE4) Advent Calendar 2017の20日目の記事です。
qiita.com

はじめに

当初の予定では「また帰ってきたUE4マーケットプレイスで購入したアセットを片っ端からレビューするマン」をお送りする予定でしたが、「今はマーケットプレイス ホリデー セールで手が離せないから無理!」と意味の分からない戯言をほざきやがるので、予定を変更してこの一年間で公開したUE4に関するスライドをまとめつつ、補足などを入れていきます。
www.unrealengine.com

f:id:pafuhana1213:20171220200029j:plain
(本当に申し訳ないです…アセットレビュー記事は今後定期的にアップしていこうかなぁと思います。ネタがないときとか)

2017年1月~3月中旬

GDC2017に行ったり、EpicのシアトルオフィやHQに行ったりしてました

2017年3月末

www.slideshare.net
動画:
【EDGE2017】UE4を使ったVRコンテンツ製作で120%役に立つTips集+GDC情報 - YouTube

GDC2017の情報を簡単に説明しつつ、UE4でVRコンテンツを作る際によく問題になる負荷とその対策について話しました。4月の京都フェスでVRについて話すことが決まっていたので、そこでは時間的に話せない内容を…という裏の狙いもあったりしました。
VR以外でも使える負荷軽減テクニックを紹介しているので、是非CEDEC2017における篠山さんのスライドと合わせて見て頂けるとうれしいです!

www.slideshare.net

2017年4月

www.slideshare.net
動画:Robo Recall で使われている最新の VR 開発テクニックをご紹介! 岡田 和也 Epic Games Japan - YouTube

アンリアルフェスデビューした時のスライドです。せっかくだし全世界初出しの情報を届けたい!ということもあり、シアトル出張中に超絶拙い英語でRoboRecallに関わったスタッフに色々聞いた思い出が蘇ります…(´;ω;`)ウッ…
あと、ずっと話したかったレギュレーション策定話をできたのも良かったなぁと。大事ですよ…大事…いや、本当に…。

VRの負荷話となるとGPU負荷の話題が挙がりがちですが、昨今のグラボの性能向上具合を見ると、このスライドのようにCPU負荷軽減話をもっとしないとなぁと思ったりします。もっと頑張らねば…!

2017年5月

珍しく講演のない平和な月…あ、カレンダー見たら全然平和じゃなかったわ

2017年6月

www.slideshare.net

GTMF( Game Tools & Middleware Forum )でノンゲームについて話すという、今考えると「マジ頭おかしいな、こいつ」 という講演です。ただ国内におけるUE4の活用事例をご紹介できたのは良かったなぁと思ったりします。
スライド内で紹介しているProject LayereDですが、レイヤードストーリーズ ゼロと名前を変えて、Youtubeとモバイルゲーム内にてUE4で作られたアニメが配信されています!今後も更新されるとのことなので要チェックです!
projectlayered.com
www.youtube.com

2017年7月

www.slideshare.net

8月の頭にUE4.17の正式版リリースされるので、少し早くリリースノートの内容を紹介しちゃおう!という内容です。(HQのようにリリース直前・直後ぐらいのタイミングで最新版の紹介ができたらいいね、とロブさんと話してたり…)
スライド最後の方で紹介しているAsset Managerはロードの改善やモバイルコンテンツにおけるコンテンツアップデートで大活躍する機能なので、是非試してみて下さい!
anapurna.co.jp

あ、スライドでTango対応の紹介もしてるなぁ…

jp.techcrunch.com

(´;ω;`)ウッ…

2017年8月

www.slideshare.net
動画:【CEDEC2017】最新モバイルゲームの実例から見るUE4のモバイル向け機能・開発Tipsを全部まるっとご紹介! - YouTube

HITやリネージュ2レボリューションが国内でリリースされたり、UE4でモバイル開発する上で皆気になる情報を伝えないと!とかなり気合入れて作った記憶があります。初CEDEC登壇でしたし!後ほど紹介するCEDEC九州でのスライドはこのスライドから一部削除・追加したものになります。

ここで謝罪しないといけないことがあります…。
このスライドで紹介しているコンテンツアップデートの仕組みは…古い情報になってます!最新情報は後ほど紹介するコンテンツアップデートに関するスライドをご確認下さい…

2017年9月

www.slideshare.net
超久々の猫でも分かるUE4シリーズです。
UE4のUMGに関する情報少ない!!! とずっと思ってたので話しました。UIはゲームのクオリティに大きく関わる部分なので少しでも良くしたい所ですね…!

このスライドで紹介していない内容として、SMeshWidgetというものがあります。UMGで大量にオブジェクトを表示したいという方は一度この機能を試してみるとよいかもしれません!(早く検証しないと…)
forums.unrealengine.com

2017年10月

www.slideshare.net

CEDEC2017におけるスライドをベースにしつつ、4.18で入ったモバイルに関する新機能、特にiOS開発におけるリモートビルドについて書きました!(p116から)
4.17以前ではリモートビルドしようとすると色々落とし穴があったのですが、4.18の対応で大分マシになりました…。あとはApple Developer Programに入らずにパッケージを作れるようになればいいのですが…

2017年11月

www.slideshare.net
Google様が主催しているインディーゲームコンテストの一環として登壇した際の資料です。
events.withgoogle.com

後半ではインディー開発者向けにUE4を学習する際に役立つ資料へのリンク集などありますので是非ご活用下さい!今だとUdemyも候補になりますね!
www.unrealengine.com

スライドで公開すると言ってたSNS投稿用プラグインに関しましては…うう…遅くなって申し訳ないです…( 来月中には必ず… )

www.slideshare.net
HQがいつまで経ってもコンテンツアップデートに関する記事を作らないので、やるしかねぇ!と気合で書いたスライドです。
そろそろ足音が聞こえてきたUE4.19でこのスライドで紹介した機能が使えるので、モバイル開発している方は是非お試しください!
(Project Launcherに関しては…もっと詳細な内容を共有しないとですね…来年頑張ろう…)

2017年12月

www.slideshare.net
今月というか昨日使った講演資料です。2018年はARKit / ARCoreが絶対来るでしょ!いや、むしろ来い!来て!という思い・願い・祈りを込めて作りました。
ARに関してもUE4.19で色々機能が追加されるので本当に楽しみです!今度こそ…今度こそ長く続くARブームを作っていきましょう…!(´;ω;`)

最後に

今回の記事を書くきっかけになったのが、この @com04さんのツイート。

HAHAHA、そんなわけないでしょ!と調べてみたらこの有様だよ!!!
ちなみに、既に来年は1・2・3月登壇予定ですよ!!!!!

ということで、来年も色んな情報をガンガンシェアしていきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。
ぶ、ブログもがんばります!

gdgdな内容でしたが以上でした
明日は栗坂こなべ(@kurisaka_konabe)さんによる「艦隊レーンVRを作ってみた話」です!
色々とカオスな話の予感がして、オラワクワクしてきたぞ!